岡山県矢掛町の外壁塗装なら橋本塗装

倉敷・総社 屋根工事

倉敷市・総社市近郊の 屋根工事  について説明です。

屋根瓦には欠かせない漆喰(しっくい)。

漆喰(しっくい)とは、屋根瓦の1番上の箇所にあたる「棟(むね)」の
台土を守るために塗り込んでいる材料で、画像にあるように白く塗り込まれたところを
『漆喰(しっくい)』と言います。

漆喰の役割

漆喰(しっくい)は、瓦や壁の上塗り、天井など様々な建築で使用されています。

漆喰(しっくい)の歴史は、5000年以上も前から世界中の
様々な建築物に使用されて、
日本の伝統的な家屋の壁やお城などにも利用されています。

屋根の漆喰(しっくい)は、屋根の棟(むね)と瓦の間の隙間を埋め、
瓦の下にある屋根の葺き土(ふきつち)を雨風から守り、
替え瓦と瓦を接着させる目的で漆喰(しっくい)が塗られています。

屋根瓦と漆喰について

屋根瓦に使われる瓦の耐用年数は長いもので50年〜60年と長いものが多いのですが、
屋根の漆喰(しっくい)の寿命は瓦よりも短く、20年前後で表面が朽ちてきたり、
剥がれてきたりするのが一般的です。

漆喰(しっくい)は、消石灰を主とした材料のため、
瓦と違って耐用年数は短く、主に以下のような要因で劣化していきます。

雨風に晒されると朽ちてくる
直射日光や寒暖の差による劣化
時間と共に漆喰(しっくい)が痩せてくる

瓦屋根全体の耐用年数は長いのに対し、漆喰(しっくい)部分の劣化は
20年前後で出てくるものですが、
見過ごされてしまうケースが多いのが漆喰(しっくい)のダメージ。

家の下から屋根を見上げても、漆喰(しっくい)部分の劣化は
あまり気付きにくいこともあり、
剥がれた漆喰(しっくい)部分から、瓦の下の葺き土(ふきつち)が雨水に浸食され、
気付いた時には棟全体がダメージを受けているというようなケースも多いようです。

橋本塗装では、屋根診断書も無料で承っております。
倉敷・総社で屋根工事をお考えのお客様は、
お気軽にお問い合わせください。